埼玉医科大学国際医療センターにて

埼玉医科大学国際医療センターにて

4月24日月曜日は診察を早く終了させていただき、埼玉医科大学国際医療センター主催で行われた、「包括的がんセンター教育カンファレンス」に歯科医師、研修医は参加してまいりました。

今回は頭頚部がんのリハビリテーションで、口腔がん、咽頭がんなどの頭頚部がん手術により食べる機能、話す機能が減弱した方への回復練習方法など、言語聴覚士の先生のご講演で勉強させていただきました。

私どもは口腔がんの早期発見につとめ、手術は連携機関である埼玉医大にお願いすることが多いのですが、やはりその後リハビリが重要になることが多く、今回のご講演は勉強になりました。また、往診における口腔ケアの観点でも、大変参考になりました。