院内設備

院内設備

診察基本セットの滅菌とディスポ化

コップ、トレー、エプロンは使いまわしではなく、全て使い捨てにし、より衛生的な環境を作っております。
基本診察器具は高圧蒸気滅菌にて細菌やウイルスを完全に死滅させており、滅菌パックを使用しているため、パック開封まで滅菌状態を維持でき衛生的・安全な環境で診察を行っております。
あさひ歯科クリニックでは、院内感染に特に注意をしております。

また、担当する幼稚園・保育園での歯科健診でも、ディスポサーブル・デンタルミラーを使用して検診を行っており、その後ご自宅でもお口の中をチェックできるよう、使い捨てミラーは子供たちに渡しております

診察基本セット

歯科用CTとコンピュレイ

CT(トロフィパン)を設置しており、埋伏智歯、埋伏過剰歯、インプラント埋入、腫瘍の広がりや難しい根管治療など、これまでの単純エックス線撮影や断層撮影では診断をすることが不可能であった診断も可能となります。
導入したCTの画像の細かさにおいても75マイクロと、現在では鮮鋭な像で再現でき細かい情報も把握可能です。
また、この撮影装置は歯にかぶせ物を作る時のCAD/CAMのスキャナーとしても機能する事が出来ます。
さらにデジタルエックス線断層撮影診断装置としても使用でき、撮影後すぐにモニター上で撮影画像を見られるだけでなく、感度の良いセンサーを使用しているため、従来のエックス線撮影と比較して約70%も少ないエックス線被爆量で撮影することが可能です。
そのため、お子さまや妊婦さんには、より安心なシステムです。

3D-CT
CT画像

生体情報モニター

歯科治療中の全身管理は、治療中の安全を考慮すると、インプラント治療はもとより、多くの外科処置、持病などの状態によっては歯科治療全般において心電図・血圧などの把握が必要です。
私たちのクリニックでは、この生体情報モニターで、全身状態を把握しながらの治療が可能です 。
また、不安や恐怖を軽減しながら治療を行うことのい出来る「静脈内鎮静法(保険適用可)」時にも使用しております。

生体モニター

笑気ガス鎮静装置

リラックス治療に用いる笑気ガス鎮静装置です。
酸素の中に笑気ガスを少し混ぜ、鼻から吸ってもらうことで少し気分をリラックスさせる方法です。
点滴のように体に直接、薬剤を入れているわけではないため、治療後の回復も早く、治療後すぐに歩いたり、車での来院・帰宅が可能です。
口の中に物が入ったり、歯の型を取るとき嘔吐反射が強い方、歯科治療が怖く全身に力が入ってしまう方などに非常に有効です。
保険適用になります。

笑気鎮静装置

ダイアグノデント

初期虫歯で肉眼的に判断が困難な程度の発見しにくい歯の内部の虫歯を、レーザー測定により発見する装置です。
非常に有効です。

ダイアグノデント

電動麻酔装置

歯科治療において、麻酔をするときの装置です。
麻酔薬を注射する場合、痛みを最小限に抑えやすい装置です。
あさひ歯科では、3種類6台を使っており、通常の侵潤麻酔法では注射器での注射はほぼおこないません。

anaeject-ii

CG動画による治療説明

治療内容の説明をより具体的に理解して頂けるように、各々の診療台付属モニター上で、精密なコンピュータグラフィックを使った動画にてご説明いたします。

MedVisor Dental

Er:YAGレーザー

無痛的な虫歯の治療装置として保険適用されたEr-YAGレーザー装置です。
重度歯周炎治療における外科的治療にも保険適用で利用可能です。

その他、歯周炎の急性症状の治療、ペースメーカー使用者やインプラント治療者など、電気メスを使用できない場合の歯肉切除、知覚過敏の処置、口内炎の治療、歯肉メラニン着色の除去など可能です。

Er:YAGレーザー

炭酸ガスレーザー

保険適用ではありませんが、Er-YAGレーザーとなまた種類の異なるCO2レーザーです。

熱が深部まで到達しやすい特徴があるため、口内炎の治療やメラニン除去や傷の治癒促進などに効果があります。
虫歯の除去はできません。
深部まで熱が到達しやすいので、痛を感じやすく、術前の麻酔が必要です

炭酸ガスレーザー

PMTC(プロファッショナルメカニカルトゥ-スクリーニング)

お口のお掃除は、歯周治療の一環として行っております。
当クリニックではPMTC技術をマスターした専属の歯科衛生士により、患者さまの満足のいく機械的歯面清掃(クリーニング)を行うことができます。

handopisu

切削屑吸引装置

治療する椅子の横で金属の冠や入れ歯の調整など、切削屑が診療室内に飛び散らないように我々のクリニックでは用いております。これは空気循環を利用した排気チューブが、効率良く切削粉塵を集め、粉塵を発生源で吸引します。診療室内もこれでより安全に清潔に保つことができます。
また、緊急用および往診用としてもう一台ございます。

切削屑吸引装置

口腔外吸引装置

口腔外に漏れる有害な浮遊粉塵をすばやくキャッチし吸引します。また治療する椅子の横で金属の冠や入れ歯の調整など、切削屑が診療室内に飛び散らないように我々のクリニックでは用いております。これは空気循環を利用した排気チューブが、効率良く切削粉塵を集め、粉塵を発生源で吸引します。診療室内もこれでより安全に清潔に保つことができます。

口腔外バキューム

位相差顕微鏡システム

お口の中の細菌を生きたまま観察することが出来る顕微鏡システムです。自分のお口の中の動く細菌を見るのは、非常に衝撃的です。これをきっかけに歯磨きの習慣が確立しやすいよう、用いております。

位相差顕微鏡システム

特別診療室

個室診療室を設けております。インプラント診療、矯正歯科診療、ホワイトニングおよびPMTCなどの自費診療の場として主に活用してまいります。

特別診療室

AED(自動体外式除細動器)

(Automated External Defibrillator) 突然死の原因の多くは心臓疾患(心臓突然死)で、その大部分を心室細動という病気が占めています。AEDは電気的ショックが必要かどうかを判断し、必要であれば術者の操作によって、除細動を行う装置です。除細動を取り除けるのはAEDのみです。 当院では、いかなる緊急時にも対応できるよう設置しております。

小児や乳幼児の場合、緊急蘇生法が成人とは大きく異なります。あさひ歯科では25Kg以下(1~8歳未満)用の小児用パッドも用意しております。(不明な場合、躊躇なく成人用を利用してください)

緊急時はどなたでもご利用ください。受付に設置してあります。

Automated External Defibrillator

手術専用外科モーター

インプラント手術など、あごの骨に穴を開ける様な場合、個人・年齢によって骨密度も変わり状況に応じた手術専用の装置が必要です。
当医院では装置を使用することで、骨にダメージを与えないよう穴を開けるようにドリルの回転数、注水量およびトルクをコンピューター制御し、適切で安全な速度で窩を形成することが出来ます。

手術用専用外科モーター

手術専用超音波切削装置

歯科医療における外科処置は、皮膚・粘膜・歯・骨を切削・切開します。
これまでは、モーターなどの切削器具で行ってきましたがこれは、切削部に熱が出るため切削部周囲がやけどとなり治りにくいこと、そして歯や骨だけではなく、皮膚や粘膜も巻き込み挫滅させてしまうものでした。
この超音波外科装置(超音波メス)は、硬い骨や歯を切削しながら柔らかい皮膚や粘膜を損傷しないで、なおかつ熱を最小限にできる切削装置です。
各種骨の切削、不良インプラント体の除去、親知らずの抜歯や上顎洞の手術など、各種外科処置に利用可能です。
また、強さを弱めることによって、通常の歯石除去装置ではできない、消毒薬液を流しながら歯石を除去するの歯槽膿漏の治療にも活用出来ます。

外科手術用 超音波装置

携帯型デジタルエックス線装置

携帯型のデジタル対応エックス線撮影装置です。
訪問歯科診療専用で使用しています。
病院とほぼ同じものであり、訪問診療先で即座に撮影し、確認することが出来ます。

現在ではエックス線センサーとPCも常備しており、訪問先で即座にレントゲン撮影可能です。

 

訪問診療について

デジタル対応エックス線撮影装置

電子カルテシステム

会計待ち時間の減少や、正確な領収書発行のためには、今や電子カルテシステムは必要不可欠です。
皆様の診療記録の管理やデジタルレントゲンのリンクおよび管理など、陰ながらクリニックの柱となるシステムです。

消毒滅菌洗浄システム

使用機材の滅菌は重要な操作です。
あさひ歯科では、多くのディスポーザブル製品を用いておりますが、再利用する機材に関しては消毒滅菌を行っております。
薬液中の超音波洗浄で消毒し、さらに高圧蒸気滅菌器で滅菌を行っております。

滅菌装置
ウルトラソニック3800N

拡大鏡

多くの歯科治療は精密な治療が必要ですが、拡大鏡利用でさらに効率よく治療可能となります。

しかしながら、視野が狭くなり、患者様の状態把握ができない欠点があり、お子様の治療などのような状況判断が必要な場合は、逆に使用は極力控えております。

拡大鏡

矯正治療に使う機材

矯正治療に必要な機材は数多くあります。
写真はワイヤを曲げるプライヤーと矯正ワイヤーやバンドの熱加工溶接装置です。

熱加工溶接装置

舌圧測定装置

舌を上に押し上げる力を測定する装置です。保険適用で嚥下の評価や誤嚥性肺炎の目安となります。

舌圧測定装置

口腔内カメラ

審美治療、矯正治療、外傷および現状の把握などなど、口腔内状態の記録に用いられます。
より見やすく撮影できるよう、医療専用の写真機材を用いております。

口腔内カメラ

歯の根の長さを測定する装置

歯の根の治療の時、歯の長さを電気的に測定する装置。あさひ歯科クリニックでは、4種類6台の装置があり使い分けております

歯の根の長さを測定する装置

顎運動測定装置

下顎の運動を3次元的に測定し評価する装置です。
顎機能測定として保険適用されております。
義歯を作る前後で測定し、咬合改善を明確に評価する為の機材です。

その他、実際にお口のかみ合わせを模型上に移す、半調節性咬合器も使用しております

顎運動測定装置

咀嚼効率測定装置

咬合改善のために、物を噛み砕く効率を測定する装置です。
現在の咀嚼効率を定量的に評価し、治療後と数値的に明確に比較することが可能です。
保険適用であり、入れ歯治療の前後で測定して評価いたします。

咀嚼効率測定装置

機械的根管拡大装置

歯の中の神経を治療する専用ドリルです。
回転・ツイスト運動の速度コントロール、切削トルクの規定など出来、専用の根管拡大ファイルを使用することで、短時間に歯の根が大きく曲がっていて治療困難な歯の根の治療も短時間で治療できる装置です。

根菅拡大装置

訪問診療用 歯科治療装置

携帯型の歯科治療ユニットです。歯の切削、歯石の除去、吸引、乾燥などクリニックと同じ操作が可能で、訪問歯科診療専用で使用しています。
病院にある治療台に付属する装置のコンパクト版のため、虫歯の処置、金属冠や入れ歯の調整、歯槽膿漏の治療などほとんどすべての治療がが行えます。
現在、二台稼働中です

 

訪問診療について

携帯用治療ユニット
歯科治療装置